コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行政不服審査法 ぎょうせいふふくしんさほう

5件 の用語解説(行政不服審査法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

行政不服審査法
ぎょうせいふふくしんさほう

昭和 37年法律 160号。行政庁の違法または不当な処分その他公権力の行使にあたる行為に関する行政上の不服申立てについての一般法。従来不備不統一であった訴願などに関する規定を整備統一し,統一的な法律として,訴願法 (明治 23年法律 105号) に代り制定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎょうせいふふくしんさ‐ほう〔ギヤウセイフフクシンサハフ〕【行政不服審査法】

行政上の不服申し立てについて規定する法律。国民の権利の救済をはかり、行政の適正な運営の確保を目的とする。昭和37年(1962)施行。国家賠償法行政事件訴訟法と合わせて救済三法という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

行政不服審査法【ぎょうせいふふくしんさほう】

行政庁の違法または不当な処分などに関し,簡易迅速な手続による国民の権利利益の救済と行政の適正な運営の確保を目的とした行政上の行為の取消しやその他の是正を求める不服申立てに関する一般法(1962年)。
→関連項目行政事件訴訟法日本弁護士連合会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぎょうせいふふくしんさほう【行政不服審査法】

行政庁の処分その他公権力の行使にあたる行為に関する国民の不服申し立てについて規定する法律。1962年(昭和37)制定。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

行政不服審査法
ぎょうせいふふくしんさほう

行政上の不服申立てに関する一般法。昭和37年法律第160号。行政庁の処分その他公権力の行使にあたる行為について簡易迅速な救済手続を定める。行政不服審査は行政庁に対する不服申立てである点で、裁判所に救済を求める行政訴訟と区別され、また、行政処分がなされた後の事後救済手続である点で、処分前に被処分者等の言い分を聴く告知、聴聞等の事前手続と区別される。不服申立て事項はいわゆる一般概括主義で、国民の法律上の利益を直接に侵害する行政処分その他の公権力活動はすべて不服審査の対象となるのが原則である。不服申立ての種類は、処分庁または不作為庁に対する異議申立てと、それ以外の行政庁に対する審査請求があり、処分庁に上級行政庁があるときには後者を原則とする。さらに再審査請求ができる場合がある。審査請求や異議申立ては処分を知ってから60日以内にしなければならないのが原則である。審理手続は書面審理主義を原則としつつ、不服申立人からの請求があれば、かならず口頭で意見を述べる機会を与えなければならない。また、不服申立人には処分庁の弁明書をみて、これに対し反論書を提出する権利が認められ、さらに、証拠書類、証拠物を提出する権利がある。審理の進行については、当事者進行主義をとる民事訴訟と異なり職権主義的色彩が濃い。不服審査の裁決では不服申立人の不利益に当該処分を変更することはできない(不利益変更禁止の原則)。本法の不服申立てルールは複雑で例外も多く、ルールを見誤って救済の機会を失う者が少なくない。そこで行政庁は、不服申立てをすることができる処分を書面でする場合には、処分の相手方に対し、不服申立てをすることができる旨、不服申立てをすべき行政庁、不服申立てをすることができる期間を教示しなければならないとされている。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の行政不服審査法の言及

【行政不服審査】より

…さらに,行政裁判法(1890公布)および行政事件訴訟特例法(1948公布)のもとでは,訴願に対する裁決を経た後でなければ訴訟を提起することができないという〈訴願前置主義〉が原則とされていたため,このような訴願制度は,国民の権利利益の迅速な救済を阻んでいた。しかし,訴願法は,その欠陥を指摘されながらも,行政不服審査に関する現在の一般法である行政不服審査法(1962公布)の成立によって廃止されるまで,一度も改正されることがなかった。
[現行制度]
 これに対して,行政不服審査法は,簡易迅速な手続により国民の権利利益の救済を図ることと,行政の適正な運営を確保することとをその目的としているが(1条1項),前者を主たる目的としている点で,訴願法に比べれば格段の改善を図っている。…

【裁決】より

…なお,裁決のこのような性質から,裁決をした行政庁は,後において裁決に誤りがあることを発見しても,これを取り消したり変更したりすることは許されない。(1)行政不服審査法は,行政不服審査を求める不服申立ての一種である審査請求または再審査請求に対して,審査請求または再審査請求をうけた行政庁が行う判断を,裁決と呼んでいる。この裁決には,却下の裁決,棄却の裁決,および認容の裁決がある。…

※「行政不服審査法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

行政不服審査法の関連キーワード裁定審査請求税務通達違法裁量処分取消訴訟異議申立て行政庁ノ違法処分ニ関スル行政裁判ノ件行政庁の裁量処分行政庁の処分

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

行政不服審査法の関連情報