コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教育の世紀 きょういくのせいき

世界大百科事典 第2版の解説

きょういくのせいき【教育の世紀】

1923年10月~28年11月,教育の世紀社によって発行された自由主義的な月刊教育雑誌。教育の世紀社は,23年の初めに野口援太郎下中弥三郎為藤五郎志垣寛の4人が,〈教育の実質,内容,方法上における革新運動〉を目ざして結成した教育団体である。その事業としては《教育の世紀》の発行のほか,理想の学校〈児童の村〉の建設と経営を目ざした。責任者の野口援太郎は,イギリスの新教育指導者エンザーBeatrise Ensorとの文通によって国際的新教育運動との連携を尊重したので,《教育の世紀》には教育改造の国際的動向が色濃く反映した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

教育の世紀の関連キーワード小砂丘 忠義野口 援太郎平田 のぶ小砂丘忠義為藤 五郎教員組合志垣 寛

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android