コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教育特区 きょういくとっく

知恵蔵の解説

教育特区

構造改革特区(特区)のうち、文部科学省関連のもの。特区の提案募集は2002年から05年までに7回行われている。教育特区としては、学習指導要領によらない多様なカリキュラム編成、株式会社による学校設置の容認、地方公共団体と民間との連携・協力による公私協力学校の設置など23項目の特例措置が設けられている。

(新井郁男 上越教育大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

教育特区

小泉改革で生まれた構造改革特区の一種。旧頴田町は、合併した旧1市4町で最少の人口約7千人。旧町内には小学校中学校とも1校しかない。両校に少人数学級(24人以下)を、小学校に英語科を導入するため、旧町は05年度から県教委とは別に教員を雇用。地域住民を講師に招いての職業教育にも取り組む。教員雇用費は06年度が9人で約3900万円。07年度も続けるが、その後は「成果を検証してから」(市教委)。昨春の全国標準学力検査で、頴田小の成績は全国平均を上回った。

(2007-02-26 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

教育特区の関連キーワードアットマーク国際高校新発田市の日本語教育構造改革特別区域学園都市・八王子GKA助成金問題小泉改革

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教育特区の関連情報