コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特区 トック

デジタル大辞泉の解説

とっ‐く〔トク‐〕【特区】

民間事業者や地方公共団体による経済活動や事業を活性化させたり、新たな産業を創出したりするために、国が行う規制を緩和するなどの特例措置が適用される特定の地域。経済特区構造改革特区など。特別区域

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

特区

小泉内閣が進めた構造改革の目玉の一つ。中央官庁業界団体の抵抗が強い規制緩和について、特定地域に絞り先行実施し、その後全国に拡大する。自治体や企業が提案し国が認定、03年4月に第1号が誕生。これまで「日本語教育特区」(東京都世田谷区)や「国際物流特区」(北九州市)など13分野で910件を認定。旧頴田町では05年3月、小学校の「英語」と小中学校での「少人数教育」の規制を緩和する二つの教育分野の特区が認められ、同4月からスタートした。

(2007-02-09 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

特区の関連情報