コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散弾銃射撃競技 さんだんじゅうしゃげききょうぎshotgun shooting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

散弾銃射撃競技
さんだんじゅうしゃげききょうぎ
shotgun shooting

散弾銃を使って,動く標的を撃つ射撃競技の総称。 1750年頃にイギリスで始まり,射撃が禁じられた野鳥や小動物に代えて,飼育したハトなどの鳥を罠のような箱 (トラップ) から飛び立たせ,これを撃った (→生鳩射撃競技 ) 。 1880年代には生きた鳥の代わりに,石灰にピッチを混ぜて焼き固めた標的 (クレーピジョン) と,これを空中に飛ばす機械が考案され,スポーツ競技として発展し,現在にいたった。このためトラップ射撃,クレー射撃とも呼ばれる。今日では競技名としては「クレー射撃」の名称が用いられ,散弾銃射撃のなかで主要競技となっている。 (→クレー射撃競技 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

散弾銃射撃競技の関連キーワードスキート射撃競技

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android