コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敦儀親王 あつのりしんのう

1件 の用語解説(敦儀親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

敦儀親王 あつのりしんのう

997-1054 平安時代中期,三条天皇の第2皇子。
長徳3年5月19日生まれ。母は藤原娍子(せいし)。寛弘(かんこう)8年親王となる。三品に叙せられ,中務卿,式部卿をつとめ,長元3年出家した。天喜(てんぎ)2年7月11日死去。58歳。法名は悟覚。号は南泉房。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

敦儀親王の関連キーワードダイコベト成宗ゲーザ超新星東西教会の分裂東方正教会明月記と超新星プレハブに今も2万4千人殺人事件数の推移大越

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone