コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数量史 すうりょうしquantitative history

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数量史
すうりょうし
quantitative history

長期的なデータ数量化することによって,社会の展開や人間の行動様式を解明しようとする,新しい歴史学の一手法。計量歴史学,クリオメトリックスとも呼ばれる。数量化されたデータを歴史の中に跡づける方法は近代経済学で行なわれ,数量経済史と呼ばれる一分野を形成している。数量史は,この数量的研究方法を経済史以外の分野に向け,社会史の数量化を目指している。最初の本格的な研究は,物価史を通じて社会構造を明らかにすることから始まったが,現在では歴史人口学歴史気候学などの新しい歴史研究分野を開拓するまでに至っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

数量史の関連キーワードブローデル