コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷香 シクカ

3件 の用語解説(敷香の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しくか【敷香】

ロシア連邦サハリン州(樺太(からふと))の町ポロナイスクの、日本領時代の名称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敷香
しすか

ポロナイスク」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敷香
しくか

南樺太(からふと)(サハリン)北部、多来加(たらいか)(テルペニヤ)湾に面する港町。ロシア連邦ではサハリン州の所属で、ポロナイスクПоронайск/Poronayskと称する。古くはシスカとよばれた。人口2万1400(2001推計)。鉄道で豊原(とよはら)(ユージノ・サハリンスク)から288キロメートルである。製紙、水産加工、セメントなどの工場があり、郊外にはミンク飼育を主とした農場がある。北海道北見(きたみ)市と友好都市。第二次世界大戦前は樺太庁敷香支庁の所在地で、1942年(昭和17)の人口3万0310。木材、毛皮の集散地で、日本人絹工業の工場が稼動していた。付近に内川炭田があり、樺太庁鉄道の終点であった。[渡辺一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の敷香の言及

【ポロナイスク】より

…人口2万5000(1993)。日本名は敷香(しくか∥しすか)。第2次大戦前の日本領時代には敷香支庁がおかれ,漁業のほかパルプ工業や炭坑,森林伐採,毛皮集散によって発展し,人口も3万(1941)を超えていた。…

【ポロナイスク】より

…人口2万5000(1993)。日本名は敷香(しくか∥しすか)。第2次大戦前の日本領時代には敷香支庁がおかれ,漁業のほかパルプ工業や炭坑,森林伐採,毛皮集散によって発展し,人口も3万(1941)を超えていた。…

※「敷香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

敷香の関連キーワード樺太本斗サハリンニブヒ旭が丘Оха樺太神社跡ЧеховДолинск富内

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

敷香の関連情報