コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

敷香 シクカ

デジタル大辞泉の解説

しくか【敷香】

ロシア連邦サハリン州(樺太(からふと))の町ポロナイスクの、日本領時代の名称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

敷香
しすか

ポロナイスク」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

敷香
しくか

南樺太(からふと)(サハリン)北部、多来加(たらいか)(テルペニヤ)湾に面する港町。ロシア連邦ではサハリン州の所属で、ポロナイスクПоронайск/Poronayskと称する。古くはシスカとよばれた。人口2万1400(2001推計)。鉄道で豊原(とよはら)(ユージノ・サハリンスク)から288キロメートルである。製紙、水産加工、セメントなどの工場があり、郊外にはミンク飼育を主とした農場がある。北海道北見(きたみ)市と友好都市。第二次世界大戦前は樺太庁敷香支庁の所在地で、1942年(昭和17)の人口3万0310。木材、毛皮の集散地で、日本人絹工業の工場が稼動していた。付近に内川炭田があり、樺太庁鉄道の終点であった。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の敷香の言及

【ポロナイスク】より

…人口2万5000(1993)。日本名は敷香(しくか∥しすか)。第2次大戦前の日本領時代には敷香支庁がおかれ,漁業のほかパルプ工業や炭坑,森林伐採,毛皮集散によって発展し,人口も3万(1941)を超えていた。…

【ポロナイスク】より

…人口2万5000(1993)。日本名は敷香(しくか∥しすか)。第2次大戦前の日本領時代には敷香支庁がおかれ,漁業のほかパルプ工業や炭坑,森林伐採,毛皮集散によって発展し,人口も3万(1941)を超えていた。…

※「敷香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

敷香の関連キーワード木下 又三郎テルペニエ湾ウイルタ語渡辺一夫大鵬幸喜多来加湾海豹島

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android