文化刺しゅう(読み)ぶんかししゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)「文化刺しゅう」の解説

文化刺しゅう
ぶんかししゅう

刺しゅうの一種。緞通(だんつう)針の応用で原理は同じ。筒形で先端が針になっている文化刺しゅう針で、糸はリリアンをほぐしたものを用いる。用具が単純なうえ、技法が簡易なため一般人に喜ばれる。

[市川久美子]

歴史

20世紀初頭にヨーロッパで創始された。わが国には1928年(昭和3)、チェコスロバキアで行われた「第6回国際美術教育会議」に日本代表として出席した岡登貞治(おかのぼりさだはる)が、そのときに催されていた「美術工芸の用具材料展」から材料などを持ち帰ったことに端を発する。ただ、その当時わが国では、美術教育の実情および一般家庭生活の嗜好(しこう)などから、ほとんど問題視されなかった。その後、藤崎豊治らが改良を加え、30~35年にかけて文化刺しゅうとしての地位を確立させた。針も現在の形に完成させ、50~60年に至って、刺しゅうしやすい生地(きじ)の生産や糸の多色染色も行われた。さらにそれから5年後、裏刺しの技法を応用した起毛法も考案され、より精緻(せいち)な刺しゅうも可能になった。ヨーロッパでおこった刺しゅうが、日本で開花したのである。

[市川久美子]

用具および素材

用具

角枠、刺しゅう針、リエ刺しゅう器、(はさみ)(への字鋏)、起毛器、枠鋲(びょう)、止め針、(のり)。

[市川久美子]

素材

リリヤン、刺しゅう用布(サージ、トロピカル布地でもよい)。図案を描く用具は普通の刺しゅうと同じ。ただし、糸は文化刺しゅう針の筒に通してひっかからなければ、だいたいのものは使える。フランス刺しゅう糸、極細(ごくぼそ)毛糸、縫い糸、釜糸(かまいと)などを用いる。

[市川久美子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android