コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緞通 だんつう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緞通
だんつう

敷物用織物の一種。中国語のダンツ (毯子) のあて字。手織りの重厚な絨毯で,特に小ぶりで方形のものをさすが,絨毯と混用されることが多い。製法は綿や麻の地糸に毛を一目ずつ手で結んで植えたのち,包丁か鋏で切って立毛する。非常に手間がかかり高価である。インド,ペルシア,中国が原産。日本へは江戸時代にその技術が伝わり,佐賀の鍋島緞通に始って堺,赤穂でも製織された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

緞通【だんつう】

敷物用織物の一種。中国語の毯子(タンツ)の音訳絨毯(じゅうたん)の長尺に比し幅広く短尺。指先でひと目ずつ毛を結び植え,のち,はさみや包丁できって立毛する。南西アジアのものは有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だんつう【緞通】

敷物の一種。中国語のタンツ(毯子)の音訳で,絨毯と同義にあつかわれることが多い。しかし,絨毯は長尺で比較的幅の狭いものをさし,緞通は方形(あるいは長方形)短尺に織ったものをいう。西域から中国に伝わり,日本には室町時代に入ったが,当時の遺品はない。江戸時代に長崎で中国の製織技術を習得して始めた鍋島緞通,この影響下に生まれた堺緞通,赤穂緞通がある。絨毯【上田 敬二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の緞通の言及

【織物】より

…絹織物では桐生,足利,八王子,米沢の白生地や着尺,仙台の袴地,博多の帯,長浜,峰山の縮緬,郡内の甲斐絹,結城,上田の紬など,木綿では松坂,三河,河内,真岡の綿布,薩摩,久留米,伊予,倉吉,広瀬,備後,村山の絣,阿波,川越,銚子の縮,川越や小倉の縞などが生産され,また麻織物としては奈良,近江,越後,薩摩などで,生平(きびら),上布,縮が生産された。特種なものとしては堺や赤穂,佐賀で緞通も作られた。これらの中には商品として中央市場にもたらされたものもあったが,木綿の縞や絣織物は農村の暮しの中から生まれ,消費されたものである。…

【絨毯】より

…材料には羊毛,綿,絹がある。大部分のパイル糸に羊毛が用いられているが,ペルシア絨毯の高級品のようにすべての材料が絹のもの,日本の鍋島緞通(だんつう)や赤穂緞通のようにすべて綿製のものもある。経糸やよこ糸には羊毛のほか,細く堅牢な綿もよく使われ,高級品には絹も用いる。…

※「緞通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

緞通の関連キーワード藤本庄左衛門文化刺しゅう藤本 荘太郎カーペット大阪府堺市藤本荘太郎堺手織緞通堺(市)東洋緞通ミノゴケだんつう兵庫県祇園祭福岡県大阪府佐賀県綿緞通堺市敷物段通

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緞通の関連情報