コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化庁メディア芸術祭賞 ぶんかちょうめでぃあげいじゅつさいしょう

1件 の用語解説(文化庁メディア芸術祭賞の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

文化庁メディア芸術祭賞

1997年に文化庁が制定。公募によってアートエンターテインメントアニメーション、マンガの4部門においてそれぞれ大賞と優秀賞を選び出している。手塚治虫文化賞と並び、出版社のひも付きでない数少ない賞として、マンガ部門は特に注目度が高い。06年度のマンガ部門の大賞はかわぐちかいじ『太陽の黙示録』(小学館)、優秀賞がよしながふみ『大奥』(白泉社)、森下裕美『大阪ハムレット』(双葉社)、今市子『百鬼夜行抄』(朝日ソノラマ)、あずまきよひこ『よつばと!』(メディアワークス)の4作品。奨励賞が筑濱カズコ『SHIRITORI』。06年度の選考メンバーは主査のモンキーパンチを座長格に、石坂啓、さいとう・たかを、藤本由香里、わたなべまさこの5人。主なマンガ賞としてはこのほか、講談社漫画賞、小学館漫画賞などがある。

(鈴木繁 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

文化庁メディア芸術祭賞の関連キーワード香港映画ホンダ・インターナビASEANスペイン映画武幸四郎日産ディーゼル 大型低床路線バスEBS(電子制御ブレーキシステム)ブルガリア文学草野満代イマヤス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文化庁メディア芸術祭賞の関連情報