コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化庁メディア芸術祭賞 ぶんかちょうめでぃあげいじゅつさいしょう

知恵蔵の解説

文化庁メディア芸術祭賞

1997年に文化庁が制定。公募によってアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門においてそれぞれ大賞と優秀賞を選び出している。手塚治虫文化賞と並び、出版社のひも付きでない数少ない賞として、マンガ部門は特に注目度が高い。06年度のマンガ部門の大賞はかわぐちかいじ『太陽の黙示録』(小学館)、優秀賞がよしながふみ『大奥』(白泉社)、森下裕美『大阪ハムレット』(双葉社)、今市子『百鬼夜行抄』(朝日ソノラマ)、あずまきよひこ『よつばと!』(メディアワークス)の4作品。奨励賞が筑濱カズコ『SHIRITORI』。06年度の選考メンバーは主査のモンキー・パンチを座長格に、石坂啓、さいとう・たかを、藤本由香里、わたなべまさこの5人。主なマンガ賞としてはこのほか、講談社漫画賞、小学館漫画賞などがある。

(鈴木繁 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

文化庁メディア芸術祭賞の関連キーワード毎日かあさん郷田マモラ大友克洋辻真先

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文化庁メディア芸術祭賞の関連情報