コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化教育学 ぶんかきょういくがくKulturpädagogik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文化教育学
ぶんかきょういくがく
Kulturpädagogik

E.シュプランガー,T.リット,G.ケルシェンシュタイナーらによって提唱された教育学説。教育を歴史的文化価値と個人との関連において考察しようとする立場。理念を徹底的に重視するあまり,生命をもつ具体的人間を軽視する弊に陥った批判的教育学への反動として起ったが,K.フンボルトや F.シュライエルマッハーらの教育思想のなかに,先駆的萌芽を認めることができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

文化教育学の関連キーワード乙竹 岩造ベルゲマン全人教育佐賀大学乙竹岩造入沢宗寿篠原助市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文化教育学の関連情報