文化教育学(読み)ぶんかきょういくがく(英語表記)Kulturpädagogik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文化教育学
ぶんかきょういくがく
Kulturpädagogik

E.シュプランガー,T.リット,G.ケルシェンシュタイナーらによって提唱された教育学説。教育を歴史的文化価値と個人との関連において考察しようとする立場。理念を徹底的に重視するあまり,生命をもつ具体的人間を軽視する弊に陥った批判的教育学への反動として起ったが,K.フンボルトや F.シュライエルマッハーらの教育思想のなかに,先駆的萌芽を認めることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android