コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

批判的教育学 ひはんてききょういくがくkritische Pädagogik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

批判的教育学
ひはんてききょういくがく
kritische Pädagogik

ドイツの P.ナトルプや R.ヘーニヒスワルトら新カント派の立場から提唱された教育学説。カントの批判主義に立脚し,教育学を哲学的,論理的に基礎づけようとする立場。心理主義を排するあまり過度の論理主義に陥り,体系や形式を重視して生命をもつ実在としての人間を見失ったとして,文化教育学から批判された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひはんてききょういくがく【批判的教育学】

経験主義や観念的な独断によらない教育学。狭義には、新カント学派の教育学をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

批判的教育学の関連キーワードグリーゼバハ新カント学派篠原 助市個性教育狭義

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android