コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化統合 ぶんかとうごうcultural integration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文化統合
ぶんかとうごう
cultural integration

文化はばらばらの構成要素により成立しているのではなく,程度の差こそあれ,相互に機能的な連関をもちつつ全体として統一が保たれている。これを文化統合という。新たに重要な文化項目発明伝播があると,従来の文化の統合は破壊されて新しい統合へと変化する。真の文化の変化とは,文化的統合の再統合をもたらす。このように文化の統合は,各部分の相互に有機的な全体的連関であり,機能主義の立場からすれば,全体への役割,貢献としての機能と結びついて理解されるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文化統合の関連情報