文如(読み)もんにょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

文如 もんにょ

1744-1799 江戸時代中期-後期の僧。
延享元年4月19日生まれ。浄土真宗西本願寺17世法如の長男。寛政元年18世をつぐ。学林学頭となった智洞のにより,本願寺派をゆるがす三業惑乱(さんごうわくらん)問題がおこり,その処理に苦慮した。藪内(やぶのうち)の茶人。寛政11年6月14日死去。56歳。京都出身。法名は光暉

文如 ぶんにょ

もんにょ

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

文如 (ぶんにょ)

生年月日:1744年4月19日
江戸時代中期の浄土真宗本願寺派の僧
1799年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文如の関連情報