コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文芸報 ぶんげいほうWen-yi-bao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文芸報
ぶんげいほう
Wen-yi-bao

中国,文芸理論の雑誌。 1949年9月創刊。初め丁玲らが編集し,半月刊で出発。 52年から馮雪峰 (ふうせっぽう) に代ったが,54年編集方針が批判されて退き,のち一時停刊,57年張光年が編集長となり,さらに中国作家協会の責任において,文学,芸術の評論を主とし,中国文芸理論の指導雑誌として再出発。 61年からは月刊となり,文化大革命のうちにあって 66年6月号を最後に休刊したが,78年1月復刊。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんげいほう【文芸報 Wén yì bào】

現代中国の文学・芸術理論に関する指導性をもった雑誌。具体的な作品発表の場である《人民文学》に対応する。1949年5月から創刊準備号を13号まで出し,同年9月にB4判の月刊誌として創刊。57年4月から同年末まではタブロイド判の週刊誌。翌年から半月刊,61年より再び月刊となり,〈文革〉開始後66年5月に342号で停刊。この雑誌によった丁玲,馮雪峰らは,57年の反右派闘争の中で激しく批判された。78年7月に復刊した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

文芸報の関連キーワード《紅楼夢研究》批判日本文学報国会姚文元李希凡

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android