コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国作家協会 ちゅうごくさっかきょうかい Zhōng guó zuò jiā xié huì

2件 の用語解説(中国作家協会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうごくさっかきょうかい【中国作家協会 Zhōng guó zuò jiā xié huì】

中国の文学者の統一組織。1949年に文学芸術界の全国的統一機関である中華全国文学芸術界聯合会が結成されたのにともない,その文学部門の下部団体として組織された中華全国文学工作者協会は当協会の前身。53年に,一定の業績をもつ作家,評論家,翻訳家,研究者など文学専門家を会員とする現組織に改組された。《人民文学》《文芸報》などの雑誌や,人民文学出版社,作家出版社なども管理運営する。各省・市・自治区には地方分会も設置されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国作家協会
ちゅうごくさっかきょうかい

中国の各民族の作家を統括し、指導する全国組織。略称は「作協」。前身は1949年7月に成立した中華全国文学工作者協会。53年9月に中国作家協会に改組された。中国文学芸術界連合会(文連)に属し、北京(ペキン)のほか各省・市・自治区に分会を置いた。初代の主席は茅盾(ぼうじゅん/マオトウ)。文学工作者協会時代から機関誌として月刊『人民文学』を発行、各分会も上海(シャンハイ)の『収穫』や広東(カントン)の『作品』など多くの雑誌を発行し、文学運動の中心を担った。文化大革命中は完全に解体され、活動を再開したのは79年秋の作協第三次大会以降。その後『人民文学』などの雑誌は、独立した雑誌社から出されている。84年12月の第四次大会で巴金(はきん/パーチン)が主席となる。ただし、指導権は作協党組書記にあり、通常は中国共産党中央宣伝部副部長が兼務する。作家出版社や現代文学館などを系列下におく。2000年現在で会員数は約5000人。[刈間文俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中国作家協会の関連キーワード国民文学中国文学鄭振鐸比較文学英文学漢文学文学者ヤウス古代文学先秦文学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中国作家協会の関連情報