人民文学(読み)じんみんぶんがく(英語表記)Ren-min wen-xue

  • 人民文学 Rén mín wén xué

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国の月刊文学雑誌。 1949年 10月創刊。中国作家協会前身である中華全国文学工作者協会機関誌として出発,53年 10月中国作家協会に改組されるとともにその機関誌となった。理論誌『文芸報』とともに,中国現代文学の指導的役割を果してきたが,文化大革命中の 66年6月以降停刊となり,76年1月に復刊
文芸機関誌。 1950年 11月~53年 12月刊。 50年のコミンフォルム批判を機とする新日本文学会 (機関誌『新日本文学』) の内紛分裂で,これから独立した雑誌。藤森成吉江馬修らが編集を担当,徳永直野間宏杉浦明平らが参加したが,共産党臨時中央指導部との癒着が目立ち,政治優先のを免れなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国現代の文学総合雑誌。月刊。1949年11月創刊。53年10月より中国作家協会の機関誌となる。文化大革命で停刊になるまでは,各種文学批判運動や〈社会主義リアリズム〉を推進するうえで指導的役割を果たし,また新人発掘の最高権威でもあった。76年復刊後は,文学界がかなり多様化したことにより,全中国の文学的動向を示す指針とは必ずしもいえず,また唯一の新人登竜門でもなくなっているが,中国の文学的動向を知る代表誌であることには変りない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の人民文学の言及

【中国文学】より

…だから,この時期は古典主義の時代とよばれるべきであろう。【小川 環樹】
【文学革命から人民文学へ(20世紀)】
 中国の近代文学は,1910年代末の文学革命によって幕を開けた。そのきっかけを作ったのは,胡適が17年1月に雑誌《新青年》に発表した〈文学改良芻議〉で,形骸化した文語文にかわって俗語・俗字を使用し,〈今日の文学〉をつくろうというその主張は,大きな衝撃を与えた。…

※「人民文学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android