斎宮静斎(読み)いつきみやせいさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斎宮静斎
いつきみやせいさい

[生]享保14(1729)
[没]安永7(1778)
江戸時代中期の古学派の儒学者。安芸の人。宇野明霞服部南郭に学ぶ。著書『易大意』『初学作文法』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いつき‐せいさい【斎宮静斎】

江戸中期の儒者。名は必簡(ひっかん)。字(あざな)は大礼。通称五右衛門。静斎は号である。安芸に生まれ、服部南郭に徂徠学を学ぶが、後、疑義を生じ、斎子学といわれる一家の説を立てた。京都で講説する。著に「斎子学叢書」一三〇冊がある。享保一三~安永七年(一七二八‐七八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android