斎宮静斎(読み)いつきせいさい

精選版 日本国語大辞典「斎宮静斎」の解説

いつき‐せいさい【斎宮静斎】

江戸中期の儒者。名は必簡(ひっかん)。字(あざな)は大礼。通称五右衛門。静斎は号である。安芸に生まれ、服部南郭に徂徠学を学ぶが、後、疑義を生じ、斎子学といわれる一家の説を立てた。京都で講説する。著に「斎子学叢書」一三〇冊がある。享保一三~安永七年(一七二八‐七八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android