コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎静斎 いつきせいさい

2件 の用語解説(斎静斎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

斎静斎【いつきせいさい】

江戸中期の儒学者。名は必簡(ひっかん)。安芸(あき)の人。服部南郭徂徠学を学び,京で講説。また医を業とした。諸侯に彼の講説をきく者が多く,著作に《静斎文集》《傷寒論特解》《神道解》がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎静斎 いつき-せいさい

1729-1778 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)14年1月1日生まれ。安芸(あき)(広島県)中調子の庄屋の子。京都の宇野明霞(めいか),江戸の服部南郭(なんかく)にまなぶ。京都で門弟に教授したが,その学問は医学,神道にもおよび斎子学とよばれた。安永7年1月8日死去。50歳。本姓は斎藤,別姓に斎宮(いつきのみや)。名は必簡。字(あざな)は大礼。通称は五右衛門。著作に「傷寒論特解」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

斎静斎の関連キーワード入江正雄植村棋園鹿島探春竹内長水滕元鳳豊浦懐二階堂慎叟西野桂皐丹羽雲気森東郭

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone