大礼(読み)たいれい

精選版 日本国語大辞典「大礼」の解説

たい‐れい【大礼】

〘名〙
① 国家・朝廷の重大な儀式即位・立后などの類。
※平家(13C前)五「この福原の新都には大極殿もなければ、大おこなふべきところもなし」
※太政官日誌‐慶応四年(1868)八月二三日「此度御即位之大礼其式古礼に基き」 〔史記‐楽書〕
② 一生の中で最も重要な儀式。冠・婚・葬・祭の類。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録三「婚媾は人の大礼」
③ 寺院の長官(別当・長者等)が就任後に行なう吉書・拝堂等の儀式。
※東宝記(1352)五「益守僧正〈去年十二月廿八日任寺務〉依大礼以前、為未拝堂仕御影供々養法

だい‐らい【大礼】

〘名〙 聖徳太子が推古天皇一一年(六〇三)に制定した冠位十二階の第五番目の位。たいれい。
書紀(720)推古一一年一二月(岩崎本室町時代訓)「始めて冠の位を行ふ。大徳・小徳・大仁(にん)・小仁・大礼(ライ)・小礼」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大礼」の解説

たい‐れい【大礼】

国家・朝廷の重大な儀式。特に、即位の儀式。大典
人の一生の中で最も重要な礼式。冠・婚・葬・祭など。
[類語]栄典祝典祝儀祭典祭礼祭儀大祭大儀大典典礼盛儀儀式式典

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「大礼」の解説

【大礼】たいれい

重大な礼。〔史記、項羽紀〕大行は細みず。大禮は小讓を辭せず。

字通「大」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android