コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤大之進 さいとう だいのしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤大之進 さいとう-だいのしん

1822-1871 幕末-明治時代の武士,官吏。
文政5年生まれ。家は上野(こうずけ)(群馬県)の豪農。江戸にでて幕府の外国方同心となる。文久元年水戸浪士がイギリス公使館を夜襲(東禅寺事件)した際の警備でイギリス政府から賞をうけた。ヨーロッパ視察後,神奈川奉行改役(あらためやく)。維新後は新政府の国産物改役,灯台局長などをつとめた。明治4年6月28日死去。50歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

斎藤大之進の関連キーワード明治時代幕末武士官吏

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android