コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤県麿 さいとう あがたまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤県麿 さいとう-あがたまろ

1772-1818 江戸時代中期-後期の国学者。
安永元年生まれ。斎藤長秋の次男。代々江戸神田雉子(きじ)町の名主。父ののこした「江戸名所図会(ずえ)」の草稿校訂をくわえ,江戸近郊部分を増補したが,出版にはいたらなかった。文化15年3月9日死去。47歳。名は幸孝(ゆきたか)。通称は市左衛門。別号に莞斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤県麿の関連キーワード斎藤月岑斎藤幸孝国学者