コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤県麿 さいとう あがたまろ

1件 の用語解説(斎藤県麿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤県麿 さいとう-あがたまろ

1772-1818 江戸時代中期-後期の国学者。
安永元年生まれ。斎藤長秋の次男。代々江戸神田雉子(きじ)町の名主。父ののこした「江戸名所図会(ずえ)」の草稿に校訂をくわえ,江戸近郊部分を増補したが,出版にはいたらなかった。文化15年3月9日死去。47歳。名は幸孝(ゆきたか)。通称は市左衛門。別号に莞斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

斎藤県麿の関連キーワード無銭法師小野君山斧木赤松翼愚庵(1)集山東随舎臍穴主柳川直時山口瑞馬

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone