コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸名所図会 えどめいしょずえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸名所図会
えどめいしょずえ

絵入りの江戸地誌。7巻 20冊。寛政年間 (1789~1801) に江戸神田の町名主斎藤幸雄 (長秋) が江戸府内,近郊を実地に見聞踏査し編集に着手し,その子幸孝 (莞斎) が補訂し,その孫幸成 (月岑) にいたって完成したもので絵は長谷川雪旦,雪堤父子による。天保5 (34) ,同7年の2回に分けて出版された。本書以前にも同種の書物は数十種刊行されているが,その内容において,本書は名所図会中第一のものとされている。なお幸成には本書の姉妹編東都歳事記』などのすぐれた著書がある。本書は木版原本も多く伝存している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えどめいしょずえ〔えどメイシヨヅヱ〕【江戸名所図会】

絵入りの江戸地誌。7巻20冊。斎藤幸雄・幸孝・幸成の親子3代で完成。長谷川雪旦画。天保5~7年(1834~36)刊。江戸とその近郊の神社・仏閣・名所・旧跡の由来や故事などを説明したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

江戸名所図会【えどめいしょずえ】

絵入りの江戸の地誌。7巻20冊。神田雉子(きじ)町の名主斎藤幸雄(ゆきお)が寛政年間(1789年―1801年)に編集に着手,その子幸孝(ゆきたか),孫幸成(ゆきしげ)(斎藤月岑(げっしん))を経て,1834年前半10冊,1836年後半10冊を刊行。
→関連項目江戸名所記武江年表名所図会

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えどめいしょずえ【江戸名所図会】

江戸地誌。著者は斎藤長秋・莞斎・月岑(げつしん)の父子三代。挿絵は長谷川雪旦。1834年(天保5),36年須原屋茂兵衛・伊八刊。大本7巻20冊。江戸府内にとどまらず,北は大宮,西は日野,東は船橋辺に至るまで筆を及ぼし,名所旧跡,社寺仏閣などの沿革と現況を,実地踏査にもとづき記述,雪旦の描く詩情豊かな挿図とともに史料的価値が高く,幕末期の江戸風俗を知るうえに欠くことのできぬ一史料となっている。斎藤月岑【小池 章太郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えどめいしょずえ【江戸名所図会】

地誌。七巻。二〇冊。1836年刊。神田の名主斎藤幸雄・幸考・幸成の親子三代で完成。長谷川雪旦・雪提画。江戸およびその近郊の神社・仏閣、名所・旧跡の場所・由来・故事などを、数多くの絵をまじえて説明したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸名所図会
えどめいしょずえ

江戸とその近郊の絵入り名所地誌。編者は斎藤幸雄(ゆきお)(長秋)・幸孝(ゆきたか)(莞斎(かんさい))・幸成(ゆきなり)(月岑(げっしん))の父子三代。1834~36年(天保5~7)に江戸の須原屋(すはらや)茂兵衛・同伊八が刊行。7巻20冊。画(え)は長谷川宗秀(雪旦(せったん))。斎藤氏は神田雉子(きじ)町の名主で、寛政(かんせい)年間(1789~1801)に幸雄が江戸府内および近郊を実地に調べて執筆したが出版できずに没し、幸孝が引き継いで増補したが未刊のまま死去、幸成がさらに校訂を加えて完成、ついに刊行した。江戸府内および武蔵野(むさしの)近郊の神社・仏閣、名所古跡の沿革と現状を実地検証によって記述し、その史料的価値は高い。ことに風俗、行事、景観を伝える雪旦の画(え)は、実地の写生であって精緻(せいち)を極めた描写が多く、文化・文政期(1804~30)から天保(てんぽう)期(1830~44)にかけての江戸の生活史料としても好適である。『大日本名所図会』『有朋堂文庫』『角川文庫』所収。[水江漣子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の江戸名所図会の言及

【名所図会】より

…こうした吉野屋為八の企画とその成功に刺激されて,他の書店もこれにならって《東海道名所図会》《木曾路名所図会》《伊勢参宮名所図会》《金毘羅参詣名所図会》《二十四輩名所図会》のほか,ひいては《唐土名勝図会》などというものまでも出版され,また,地誌とは離れた《山海名産図会》その他のものまで作られるにいたった。名所図会の流行は文化年間(1804‐18)に及び,さらにその後京坂以外の土地でも,《江戸名所図会》《尾張名所図会》などその内容にいっそうの整備を志したいくつかの図会が作られた。なかでも天保年間(1830‐44)に刊行された《江戸名所図会》などは,斎藤長秋,莞斎,月岑(げつしん)と3代30年余を経てようやく完成をみたもので,挿絵は長谷川雪旦の手に成り,〈名所図会〉中の第一の傑作に推されている。…

※「江戸名所図会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

江戸名所図会の関連キーワード鶴屋喜右衛門(3代)白酒(しろざけ)根岸(東京都)井の頭公園富岡八幡宮片岡寛光木村嘉平天道念仏斎藤県麿名主の裔霊岸島馬喰町武蔵国図会今戸納涼浅草

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸名所図会の関連情報