コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤竹堂 さいとう ちくどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤竹堂 さいとう-ちくどう

1815-1852 江戸時代後期の儒者。
文化12年10月11日生まれ。仙台で大槻平泉(おおつき-へいせん),江戸で増島蘭園に師事。のち昌平黌(しょうへいこう)にはいり舎長となる。江戸神田相生(あいおい)町で塾をひらいた。嘉永(かえい)5年閏(うるう)2月11日死去。38歳。陸奥(むつ)遠田郡(宮城県)出身。名は馨。字(あざな)は子徳。通称は順治。著作に「鴉片(あへん)始末」「蕃史(ばんし)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

斎藤竹堂 (さいとうちくどう)

生年月日:1815年10月11日
江戸時代末期の儒学者
1852年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

斎藤竹堂の関連キーワード斎藤守敬生年月日儒者

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android