コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤総模 さいとう そうも

1件 の用語解説(斎藤総模の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤総模 さいとう-そうも

1693-1766 江戸時代中期の茶人。
元禄(げんろく)6年生まれ。旗本で茶人の斎藤雁鴎(がんおう)の養子となる。有楽(うらく)流の藤掛寿木(ふじかけ-じゅぼく)門下。幕府の西丸観音院番をつとめた。明和3年11月4日死去。74歳。通称は長八郎。号は聴雨軒,我足庵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤総模の関連キーワード浮世草子中興俳諧明和事件島精機製作所鳥辺山ドルトン明和事件ラオコーンアガトン物語繁野話

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone