コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式評定衆 しきひょうじょうしゅう

3件 の用語解説(式評定衆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

式評定衆
しきひょうじょうしゅう

室町幕府の職名。初めは例式,のちには御評定始,御沙汰始の評定の座席に参列する資格をもつ評定衆をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しきひょうじょうしゅう【式評定衆】

室町幕府の職名。例式の評定にのみ参与した。のち御評定始・御沙汰始にのみ臨席した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の式評定衆の言及

【評定衆】より

…したがって評定衆の存在はまったく名目的なものとなり,鎌倉幕府以来の吏僚的評定衆を中心とする幕府内の一身分に位置づけられるにすぎなくなった。そのことをよく示すのが式評定衆の存在で,彼らは例式のときのみ評定に加わるにすぎなかった。その他の評定衆も実際は問注所,政所,地方等の頭人としての実務が中心で,評定会議で重要事項を審議したわけではない。…

※「式評定衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone