コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式評定衆 しきひょうじょうしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

式評定衆
しきひょうじょうしゅう

室町幕府の職名。初めは例式,のちには御評定始,御沙汰始の評定の座席に参列する資格をもつ評定衆をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しき‐ひょうじょうしゅう〔‐ヒヤウヂヤウシユウ〕【式評定衆】

室町幕府の職名。評定衆のうち、例式の評定にだけ参与したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しきひょうじょうしゅう【式評定衆】

室町幕府の職名。例式の評定にのみ参与した。のち御評定始・御沙汰始にのみ臨席した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の式評定衆の言及

【評定衆】より

…したがって評定衆の存在はまったく名目的なものとなり,鎌倉幕府以来の吏僚的評定衆を中心とする幕府内の一身分に位置づけられるにすぎなくなった。そのことをよく示すのが式評定衆の存在で,彼らは例式のときのみ評定に加わるにすぎなかった。その他の評定衆も実際は問注所,政所,地方等の頭人としての実務が中心で,評定会議で重要事項を審議したわけではない。…

※「式評定衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

式評定衆の関連キーワード斎藤基恒日記斎藤親基日記建武年間記結城宗広飯尾貞連建武新政伊達行朝結城親朝斎藤基恒伊達氏

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android