コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤遊糸 さいとう ゆうし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤遊糸 さいとう-ゆうし

1821-1900 江戸後期-明治時代の商人,実業家。
文政4年3月3日生まれ。越前(えちぜん)(福井県)の人。養子先の斎藤家をおこすため,呉服商となる。維新後,生糸生産の改良につとめ,明治9年勝山製糸を設立。輸出をはじめ,ニューヨーク生糸市場で好評をえた。明治33年12月19日死去。80歳。本姓は林。通称は治兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

斎藤遊糸の関連キーワード明治時代実業家商人

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android