コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤鳴湍 さいとう めいたん

1件 の用語解説(斎藤鳴湍の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤鳴湍 さいとう-めいたん

1822-1895 江戸後期-明治時代の儒者。
文政5年生まれ。大槻平泉(おおつき-へいせん)にまなび,のち昌平黌(しょうへいこう)にはいる。帰郷して陸奥(むつ)仙台藩志田(しだ)郡松山領主茂庭氏につかえ,松山の郷学大成館館長となる。維新後は松山の千石小学校初代校長をつとめた。明治28年8月24日死去。74歳。本姓は菊地。名は驥。字(あざな)は子徳。通称は恭平。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

斎藤鳴湍の関連キーワード呉来安昇斎一景関直吉椿月杵都静館田鶴丸中村理禎牧亭駒人(2代)溝口桂巌村瀬双石山田潮月

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone