コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤鳴湍 さいとう めいたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤鳴湍 さいとう-めいたん

1822-1895 江戸後期-明治時代の儒者。
文政5年生まれ。大槻平泉(おおつき-へいせん)にまなび,のち昌平黌(しょうへいこう)にはいる。帰郷して陸奥(むつ)仙台藩志田(しだ)郡松山領主茂庭氏につかえ,松山の郷学大成館館長となる。維新後は松山の千石小学校初代校長をつとめた。明治28年8月24日死去。74歳。本姓は菊地。名は驥。字(あざな)は子徳。通称は恭平。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

斎藤鳴湍の関連キーワード日清戦争史(年表)宇田川榕菴ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)深刻小説日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)エマーソンリュミエール兄弟観念小説

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone