斬首(読み)ザンシュ

デジタル大辞泉の解説

ざん‐しゅ【斬首】

[名](スル)首をきること。首をきる刑。また、きったその首。「首謀者が斬首された」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざんしゅ【斬首】

( 名 ) スル
首をきること。また、その刑。 「 -に処す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ざん‐しゅ【斬首】

〘名〙 罰として首を切ること。また、その首。
※続日本紀‐養老五年(721)七月壬子「征隼人副将軍従五位下笠朝臣御室。従五位下巨勢朝臣真人等還帰。斬首獲虜合千四百余人」 〔史記‐樊噲伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の斬首の言及

【切腹】より

… 現存する記録によれば,江戸小伝馬町牢屋で執行された切腹は1702年(元禄15)から幕末まで約20人で,それほど多数あったわけではない。刑罰としての切腹は自殺の形をとっているものの,要するに斬首の刑にほかならないが,不浄な執行吏の手にかからずみずから自分の罪に服するものとして,名誉を重んじた方法とされた。明治になっても新律綱領は士族に対し自裁という切腹の刑を認めたが(1870),改定律例によって廃止され(1873),刑罰としての切腹は消滅した。…

【様斬】より

…浪人山田朝右衛門が代々御様御用(おためしごよう)の任にあたり,腰物奉行(こしものぶぎよう)らの立会いの下で,土壇に横たえられた刑屍を据物斬(すえものぎり)して斬れ味などを報告する。朝右衛門はまた,町奉行同心に代わって斬首刑の首打役(くびうちやく)を務めることがあり,その際に大名,旗本,陪臣から依頼された刀をためした。なお路上に通行人を襲う辻斬(つじぎり)にも様斬の目的をもつものがあったが,これはもとより犯罪として罰せられた。…

【中国法】より

…徒は強制労働で1年,1年半,2年,2年半,3年の5級あり,流は本籍地より2000里,2500里,3000里の3級がある。死には絞と斬があり,絞首と斬首で,斬は即時に実施し,絞は秋を待って行うの別がある。 唐律は歴代の律を集大成したもので,とくに儒教主義を根本理念とするので,後世の儒家から高い評価を与えられている。…

※「斬首」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斬首の関連情報