コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断酒薬 だんしゅやく

世界大百科事典 第2版の解説

だんしゅやく【断酒薬】

酒を嫌いにさせる薬で,嫌酒薬ともいう。この薬をあらかじめ投与しておくと,アルコールに対する反応が異常になって不快な症状に苦しむため,慢性アルコール中毒患者が酒をやめたいと望む気持ちを強化してくれる。ジスルフィラムdisulfiram(商品名アンタブース)がある。デンマークの医師がジスルフィラムの駆虫薬としての効果を研究中,それを内服してカクテルパーティに出席し,アルコールで激しい中毒症状を呈したことから断酒薬としての作用が発見されたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の断酒薬の言及

【アルコール中毒】より

…ただし,本人が治療意欲をもたないと外来治療は成功しない。外来治療の場合は,嫌酒療法として断酒薬(アンタブース,シアナマイドなど)が用いられ,同時に精神療法が試みられる。入院治療の場合,アルコール病棟といって,アルコール依存者専門の病棟が利用される傾向が強くなっている。…

※「断酒薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android