コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断面縮み だんめんちぢみcontraction of area

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断面縮み
だんめんちぢみ
contraction of area

絞り reduction of areaともいう。引張り試験において,試験片の原断面積を A0 ,破断部の最小断面積を A とするとき をいう。伸びは,A0 が一定でも試験片長によって異なり,また,くびれの生じる位置にも影響を受けるため,この値は材料の展性や延性を表わす尺度としては,伸び率よりも合理的といえる。高い値を示す材料は延性材料,低いものは脆性材料となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

断面縮みの関連キーワード無線LANWANMBFRTHAAD無線PANネットワーク峨眉山と楽山大仏情報ネットワーク電子政府人間生態学

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android