コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

展性 テンセイ

百科事典マイペディアの解説

展性【てんせい】

塑性一種。圧力や打撃によって物体が破壊することなく板や箔(はく)に広げられる性質。延性とともに一種の永久変形を起こす性質で,硬度の小さい固体,特に金,銀,スズ展性が大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんせい【展性】

金属が打撃や圧延によって、破壊を伴わずに薄い板や箔はくになる性質。展性の最大なものは金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

展性
てんせい

塑性」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

展性
てんせい
malleability

加圧によって破壊することなく、箔(はく)(フォイル)のように平面に広げられる性質。金、スズ、銅、アルミニウムのように金属には展性のよいものが多くある。延性とあわせて展延性ということもある。導電性、伝熱性とともに展延性は金属の特性の一つである。これらはいずれも純度が高くなるほど向上する。その代表例は金で、金箔は1ナノメートル(100万分の1ミリメートル)の厚さまで薄くすることができる。イギリスのE・ラザフォードは、金属を透過しがたいα(アルファ)線(2個の陽子と2個の中性子からなるヘリウム原子核の流れ)をきわめて薄い金箔に照射し、その透過状態を調べて原子模型を確立した。[須藤 一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の展性の言及

【延性】より

…一般には,延性とは定量的な言葉ではなく,破壊を生じさせるのに要するひずみの目安である。すなわち,物体が破壊することなく塑性的に変形しうる性質のうち,引張応力による変形に注目したものが延性であり,圧縮応力によって板状,あるいは箔状に広げられる性質に対する言葉として展性malleabilityが用いられる。それゆえ,この両者は塑性変形しうる性質という意味で本質的にはなんら相違はないが,変形様式の違いに注目して使い分けられている。…

※「展性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

展性の関連キーワードアワルア鉱(データノート)ジャルパ鉱(データノート)ジスプロシウム白金イリジウムプラセオジムイットリウムパラジウムアンチモン靭性・靱性キュリウムベリリウムコバルト吹管分析バリウム金属結合断面縮み銅族元素タンタルランタンロジウム

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android