コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斯波氏経 しば うじつね

2件 の用語解説(斯波氏経の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斯波氏経 しば-うじつね

?-? 南北朝時代の武将。
斯波高経(たかつね)の次男。足利義詮(よしあきら)につかえ,観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)で反幕府方となった父にかわって,越前守護となる。延文5=正平(しょうへい)15年(1360)九州探題に起用されて九州に布陣したが,南朝方の菊池武光(たけみつ)に敗れ,京都にもどり出家した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

斯波氏経

生年:生没年不詳
南北朝時代の武将。高経の次男,家長は兄。官途は民部少輔,のち左京大夫観応の擾乱後,反室町幕府方となった父高経,弟氏頼に代わって越前守護となる。延文5/正平15(1360)年将軍足利義詮に抜擢されて,九州探題に補任されたが,南朝軍の勢力が強く,力不足で,ようやく翌年大友氏時の支援を得て,豊後国府中に入ることができた。筑前に軍を進めたが,貞治1/正平17年9月,同国で菊池武光と戦い敗れて,周防に退き,帰京した。九州に在陣すること1年数カ月であった。帰京後は出家して嵯峨に隠遁。

(伊藤喜良)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の斯波氏経の言及

【九州探題】より

…1336年(延元1∥建武3),九州に敗走した足利尊氏が,筑前多々良浜合戦で勝機を得,大挙東上する際,一色範氏を九州にとどめて幕府軍を統轄させたのが始まり。その後この職にあったのは,南北朝期は一色直氏,足利直冬,斯波氏経,渋川義行,今川貞世と転変するが,両朝合一後は代々渋川氏であった。
[南北朝期]
 初代鎮西管領一色範氏は,一族を軍事指揮者として九州各国に派遣したが,46年(正平1∥貞和2)子息直氏を下向させ,以後は父子一体となってその政務をとる。…

※「斯波氏経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

斯波氏経の関連キーワード斯波家長斯波兼頼末行東氏村南部政行船田経政松浦定山内首藤時通(1)結城朝常由良光氏

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone