コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新しい食料・農業・農村政策 あたらしいしょくりょうのうぎょうのうそんせいさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新しい食料・農業・農村政策
あたらしいしょくりょうのうぎょうのうそんせいさく

21世紀に向け,農水省が 1992年6月に打出した新しい農業政策の大綱。 (1) 食糧自給率低下の歯止め,(2) 農業経営者のにない手の確保,(3) 市場原理競争原理の一層の導入,(4) 国土環境保全機能の維持増進などを柱としている。そのための中心課題として,他産業並みの労働時間および生涯所得の実現を目指している。具体的には,およそ 10年後に 10~20haの個別経営体群を 15万程度,組織経営体群を2万程度創出し,稲作の約8割を生産させる。さらに,生活と生産を一体的にした農村定住条件の整備,環境保全型農業の推進などをうたっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

新しい食料・農業・農村政策の関連キーワード食料・農業・農村基本問題調査会自立経営農家化学肥料

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新しい食料・農業・農村政策の関連情報