コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井寒竹 あらい かんちく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井寒竹 あらい-かんちく

?-1731 江戸時代前期-中期の画家。
新井寒雪の父。狩野常信(かのう-つねのぶ)にまなび,門下四天王のひとりといわれた。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)の定府抱えの絵師となる。子孫も代々江戸詰めの絵師をつとめた。享保(きょうほう)16年11月9日死去。名は常償。別号に樗翠斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新井寒竹の関連キーワード六つのパルティータ買米ファルネーゼ家シュナーベル(Johann Gottfried Schnabel)ティエポロ上米各務支考鬼一法眼三略巻キャベンディッシュ沈南蘋

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android