コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定府 ジョウフ

2件 の用語解説(定府の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ふ〔ヂヤウ‐〕【定府】

江戸時代、幕府の役職にある大名やその家臣が、参勤交代をせずに江戸に常住すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じょうふ【定府】

江戸時代、老中・若年寄などの役職にある大名などが、参勤交代をせずに、江戸に定住すること。また、藩士が江戸の藩邸に常に詰めていること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の定府の言及

【大名屋敷】より

…これら幕府からの拝領屋敷のほかに,百姓地を買収した抱屋敷のある場合もあった。上屋敷には,藩主の対面の間や政務のための諸室が並ぶ表向きの殿舎と,藩主の私生活の場としての奥向きの殿舎を中心に,台所補給部門・作事関係の殿舎,江戸詰定府の家臣の長屋などがあった。中屋敷は控えの居館あるいは隠居した藩主や世子の邸宅として,一般に上屋敷の規模を縮小して設けられた。…

【水戸藩】より

…藩主は参勤交代を免除されて江戸小石川邸に常住し,必要なときだけ幕府の許可を得て帰藩する定めであった。これを定府(じようふ)制といい廃藩まで続いた。領地は常陸国のうち茨城,那珂,久慈,多賀の4郡にまとまって存在したほか,行方,新治2郡の一部および下野国那須郡内にあり,石高ははじめ25万石であったが,22年(元和8)多賀郡手綱城主戸沢氏移封のあと3万石を加増されて28万石となった。…

※「定府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

定府の関連キーワード同朋閣老在国在藩在府取り潰し藩士国詰め常江戸取潰し

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone