コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定府 ジョウフ

大辞林 第三版の解説

じょうふ【定府】

江戸時代、老中・若年寄などの役職にある大名などが、参勤交代をせずに、江戸に定住すること。また、藩士が江戸の藩邸に常に詰めていること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の定府の言及

【大名屋敷】より

…これら幕府からの拝領屋敷のほかに,百姓地を買収した抱屋敷のある場合もあった。上屋敷には,藩主の対面の間や政務のための諸室が並ぶ表向きの殿舎と,藩主の私生活の場としての奥向きの殿舎を中心に,台所補給部門・作事関係の殿舎,江戸詰定府の家臣の長屋などがあった。中屋敷は控えの居館あるいは隠居した藩主や世子の邸宅として,一般に上屋敷の規模を縮小して設けられた。…

【水戸藩】より

…藩主は参勤交代を免除されて江戸小石川邸に常住し,必要なときだけ幕府の許可を得て帰藩する定めであった。これを定府(じようふ)制といい廃藩まで続いた。領地は常陸国のうち茨城,那珂,久慈,多賀の4郡にまとまって存在したほか,行方,新治2郡の一部および下野国那須郡内にあり,石高ははじめ25万石であったが,22年(元和8)多賀郡手綱城主戸沢氏移封のあと3万石を加増されて28万石となった。…

※「定府」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定府の関連キーワードシャルモロン(西拉木倫)川パオティン(保定)特別市ローシャン(楽山)特別市松平直之(1)タルツェムド県金沢勘右衛門上京臨潢府新庄[町]江戸時代西大平藩永井直勝松平頼隆渡辺崋山徳川綱重糸魚川藩水戸街道寺田宗有三根山藩新渡戸伝三日市藩