コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井玩三 あらい がんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井玩三 あらい-がんぞう

1823-1905 幕末-明治時代の和算家。
文政6年生まれ。明治元年病気で盲目となるが,悟(惜)三堂と称し,和算をおしえた。明治38年7月6日死去。83歳。下総(しもうさ)印旛(いんば)郡(千葉県)出身。字(あざな)は思格。号は大測。著作に「算学提要」「再刻随一塵劫記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新井玩三の関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)ミツケーウィチウェーラーボーデ美術館荘厳ミサ曲木村嘉平シーボルトビドル

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone