コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新免疫療法の臨床試験がスタート しんめんえきりょうほうのりんしょうしけんがすたーと

家庭医学館の解説

しんめんえきりょうほうのりんしょうしけんがすたーと【新免疫療法の臨床試験がスタート】

 これは、免疫力を高める「ワクチン療法」と、リンパ球を強化する「養子免疫療法」を組み合わせた治療法です。
 リンパ球は、がん細胞抗原を目印にがん細胞に攻撃をしかけます。そこで、このリンパ球を誘導する抗原が増えれば(ワクチン療法)、キラーT細胞ががんに合体しやすくなり、さらに、リンパ球にこの抗原を認識する能力が高まれば(養子免疫療法)、免疫力が強くなります。
 新療法は、この相乗効果を狙ったもので、がん細胞に対する攻撃の精度が上がるうえ、2つの療法を併用することで、今まで以上の効果が期待できます。
 このワクチン療法と養子免疫療法には、人工合成されたCEA(がん胎児性抗原で、消化器がんの表面に多くみられるたんぱく質)ペプチドが用いられます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android