コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欧陽脩 オウヨウシュウ

デジタル大辞泉の解説

おうよう‐しゅう〔オウヤウシウ〕【欧陽脩】

[1007~1072]中国、北宋文学者・政治家。廬陵(ろりょう)(江西省)の人。字(あざな)は永叔。号は酔翁・六一居士。仁宗英宗神宗に仕えたが、王安石新法に反対して引退。北宋随一の名文家で、唐宋八家の一人。詩の評論形式の一つである「詩話」を初めて書いた。著「新唐書」「新五代史」「集古録」など。欧陽修

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうようしゅう【欧陽脩】

1007~1072) 中国、北宋の政治家・学者。字あざなは永叔、号は酔翁、諡おくりなは文忠。仁宗を補佐。神宗朝に王安石と対立して退官。古文を復興した文章家で、唐宋八大家の一人。「新唐書」「新五代史」の撰者。欧陽修。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の欧陽脩の言及

【欧陽修】より

…中国,北宋の文学者,歴史家,政治家。欧陽脩とも書く。字は永叔,号は酔翁,のち六一居士,江西省吉安の人。…

※「欧陽脩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

欧陽脩の関連キーワード唐宋八大家曽鞏・曾鞏韓柳欧蘇明窓浄机文章軌範衣錦の栄梅尭臣四大家文章家蘇舜欽五代史晏殊曽鞏撰者文忠退官古文三上補佐宋文

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android