欧陽脩(読み)オウヨウシュウ

  • おうようしゅう オウヤウシウ
  • おうようしゅう〔オウヤウシウ〕

デジタル大辞泉の解説

[1007~1072]中国、北宋の文学者・政治家。廬陵(ろりょう)(江西省)の人。字(あざな)は永叔。号は酔翁・六一居士。仁宗・英宗・神宗に仕えたが、王安石新法に反対して引退。北宋随一の名文家で、唐宋八家の一人。詩の評論形式の一つである「詩話」を初めて書いた。著「新唐書」「新五代史」「集古録」など。欧陽修

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

中国宋代の政治家、学者。字(あざな)は永叔。号は酔翁、のち六一居士。諡(おくりな)は文忠。廬陵(ろりょう)の人。仁宗、英宗に仕え翰林学士となり、兵部尚書に進む。神宗のとき、王安石の新法に反対し、退官。詩文にすぐれ、唐宋八大家の一人に数えられた。著「新唐書」「新五代史」「毛詩本義」「帰田録」など。(一〇〇七‐七二

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の欧陽脩の言及

【欧陽修】より

…中国,北宋の文学者,歴史家,政治家。欧陽脩とも書く。字は永叔,号は酔翁,のち六一居士,江西省吉安の人。…

※「欧陽脩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android