コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふげん フゲン

1件 の用語解説(ふげんの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふげん

日本原子力研究開発機構福井県敦賀市に設置した発電所。国産技術のみで開発された初の原子力発電所で、世界に先駆けてMOX燃料を本格的に利用した。昭和53年(1978)から平成15年(2003)まで運転。平成20年(2008)から廃止措置に入った。名称は普賢菩薩に由来。正式名称は新型転換炉ふげん発電所。廃止措置の開始に伴い名称を原子炉廃止措置研究開発センターに変更。隣接して日本原子力発電敦賀発電所が立地する。→もんじゅ原子力発電所[補説]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふげんの関連キーワード核燃料サイクル開発機構日本原子力研究開発機構FCA日本原子力研究開発機構の量子ビーム応用研究部門福井県敦賀市神楽町福井県敦賀市沓福井県敦賀市谷福井県敦賀市手福井県敦賀市堂福井県敦賀市明神町

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ふげんの関連情報