新家阿久多(読み)にいのみの あくた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新家阿久多 にいのみの-あくた

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族。
皇太神宮儀式帳」によれば,孝徳天皇が全国に(こおり)(郡)を設置し,伊勢(いせ)(三重県)の山田原(伊勢神宮外宮(げくう)のある地一帯)を中心とする10郷を度会(わたらい)評としたとき,その督領(長官)に任命された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android