コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄直定 しんじょう なおさだ

2件 の用語解説(新庄直定の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄直定 しんじょう-なおさだ

1562-1618 織豊-江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)5年生まれ。新庄直頼(なおより)の長男。母は佐久間盛重(もりしげ)の娘。慶長18年(1613)父の領地のうち3000石を弟直房に分与し,常陸(ひたち)(茨城県)麻生(あそう)藩主新庄家(第1次)2代をつぐ。2万7300石。大坂冬・夏の陣では長男直好(なおよし)とともに功をたて,のち奏者番をつとめた。元和(げんな)4年4月21日死去。57歳。通称は新三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

新庄直定

没年:元和4.4.21(1618.6.13)
生年:永禄5(1562)
江戸初期の大名。常陸国(茨城県)麻生藩の2代藩主。父は直頼,母は佐久間盛重の娘。近江国(滋賀県)生まれ。越前守。豊臣秀吉・秀頼に仕え,関ケ原の戦では西軍に加わるが,のち許される。慶長18(1613)年,2万7000石余を襲封。大坂の陣(1614,15)では戦功を立て,元和2(1616)年奏者番を務めた。麻生で死去した。

(長谷川成一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新庄直定の関連キーワード荒川長兵衛織田信益狩野祖酉順専正玄正山雪林等木美笑軒道霜古田斎宮(初代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone