コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新庄直房 しんじょう なおふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新庄直房 しんじょう-なおふさ

1595-1649 江戸時代前期の武士。
文禄(ぶんろく)4年生まれ。新庄直頼(なおより)の4男。幕臣。慶長18年父の遺領のうち3000石を分与され,2代将軍徳川秀忠(ひでただ)につかえる。大坂冬・夏の陣には兄直定とともに出陣。のち使番,目付となり,書院番頭(ばんがしら)にすすむ。慶安2年10月22日死去。55歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新庄直房の関連キーワード新庄直時文禄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android