コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新潟交通 にいがたこうつう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新潟交通
にいがたこうつう

新潟県内最大のバス会社。 1943年新潟合同自動車と新潟電鉄の合併により設立。第2次世界大戦後,独自に天然ガスを開発することで燃料を確保し,運行再開を果した。 49年一般貸切旅客自動車運送業の認可を得て佐渡の観光事業をスタートさせた。 51年日本初のバスステーションビルを建設。 58年東京~新潟間の定期航空路の開設にあたり全日本空輸と,59年新潟~佐渡間において富士航空と総代理店契約を締結。 62年新潟空港ターミナルビルを竣工。さらに 69年竣工のシルバーホテルをはじめ,スーパー,不動産など新規事業を展開している。 90年子会社等への路線委譲計画を完了,合理化に努める。事業内容は,自動車 47%,不動産 20%,旅行3%,航空代理3%,商品販売4%,電鉄1%,その他 22%。年間営業収入 479億 4500万円 (連結) ,資本金 42億 2000万円,路線はバス 2216km,従業員数 1435名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

新潟交通

正式社名「新潟交通株式会社」。英文社名「Niigata kotsu Co., Ltd.」。陸運業。昭和18年(1943)設立。本社は新潟市中央区万代。バス会社。新潟最大手。下越・佐渡地域が営業基盤。不動産賃貸・商品販売・旅行業・ホテル運営なども手がける。東京証券取引所第2部上場。証券コード9017。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

新潟交通の関連キーワードりゅーとくん味方[村]旧新潟税関新潟(市)ゆーとくん燕(市)山内美幸河原田味方月潟

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新潟交通の関連情報