コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旅行業 りょこうぎょうtravel agent

翻訳|travel agent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旅行業
りょこうぎょう
travel agent

旅行者と観光業者の間に立って双方の代理業務,旅行案内,団体旅行の設定など各種便宜をはかり,手数料などの報酬や運賃差額を収入としている事業。一般に旅行代理店と俗称され,観光需要の増大に伴って着実に発展してきた。大きなもののなかにはイギリスのトマス・クック・アンド・サン商会や日本の日本交通公社のように時刻表の発行を行うものや,また旅行小切手の発行,両替業務,外国の座席指定券の発売など国際的業務を行うものもある。社会主義国では旅行者の監督を行う必要から,旧ソ連のイン・ツーリストブルガリアバルカン・ツーリストなど,単一の大規模な国営旅行公社が存在する。日本では,旅行業法 (昭和 27年法律 239号) に基づく一般旅行業,国内旅行業,旅行業代理店業をいう。一般旅行業とは,旅行者を代理して,運送または宿泊およびその他の旅行に関するサービスを提供するものと契約の締結,媒介,取次ぎをする行為,逆にサービスを提供する側の代理人として旅行者相手に契約締結,媒介をする行為,他人の経営する運送機関または宿泊施設を利用して旅行者に運送または宿泊サービスを提供する行為,旅行者のために各種行政手続の代行や旅行案内をしたり相談に応じる行為を行うものをいい,これを国内の旅行だけについて扱うものを国内旅行業という。また一般旅行業,国内旅行業の代理をして契約を締結するものを旅行業代理店業という。旅行業を営むものは運輸大臣あるいは知事の行う登録審査を受けなければならず,また各営業所最低1人の旅行業取扱主任者 (国家試験による) の配置などが義務づけられている。一般・国内旅行業では,営業保証金の供託,料金・旅行約款についての登録行政庁の認可が必要である。現在,旅行業の経営規模必ずしも大きくなく,特に代理店業の零細性が目立つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょこうぎょう【旅行業】

旅行者と旅館・ホテルなどの宿泊施設,鉄道・航空会社などの運輸機関との間にあって,旅行者に対し予約,手配,斡旋などのサービスを提供し,その報酬を得る事業。 日本における旅行業の先駆者は平安末期ころから活躍したという熊野(和歌山県)の先達(せんだつ)である。彼らは熊野で修行を重ねた山伏で,里へ戻って加持祈禱を行いながら,熊野参詣道案内を務めた。寺社への参詣を組織し,宿泊の世話をする御師(おし)は,中世~近世に伊勢や出羽三山などでも活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

旅行業
りょこうぎょう

旅行者と旅行手段を提供する事業者(交通機関、宿泊施設等)との間に位置して、旅行者に対しては旅行目的の達成と満足、事業者に対しては利潤をもたらすために、旅行ならびにそれに付随する各種のサービスを提供する事業。旅行業法(昭和27年法律第239号)によって、一般旅行業者、国内旅行業者、旅行業代理店業者の3種類に分けられていたが、1996年(平成8)施行の改正旅行業法において、旅行業者と旅行業者代理業者の2種類に簡素化された。旅行業者は、(1)第一種旅行業者(海外・国内の募集型企画旅行、受注型企画旅行、手配旅行など、すべての旅行契約を行う)、(2)第二種旅行業者(海外の募集型企画旅行を除く、旅行契約を行う)、(3)第三種旅行業者(海外・国内の募集型企画旅行を除く、旅行契約を行う)の3種類であり、旅行業者代理業者は、特定の旅行業者を代理した旅行商品の販売を行うことができる。
 旅行業の業務内容は、交通、宿泊機関などの斡旋(あっせん)代理業から、業者自らの手で旅行商品(パッケージ・ツアー)を企画・販売する企画商品の比重を高めてきたが、今後はさらに、地域開発支援や成熟した旅行者を育てるといった、持続可能な社会における交流文化を支援するような社会的役割が求められている。[橋本俊哉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

旅行業の関連情報