コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新百物語 しんひゃくものがたりLes Cent Nouvelles nouvelles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新百物語
しんひゃくものがたり
Les Cent Nouvelles nouvelles

フランスの小ばなし集。 1461年頃ブルゴーニュ公フィリップの依頼で,その取巻きによって書かれたとされる。作者には A.ラ・サールや公の寵臣フィリップ・ポーらの名があげられているが,いずれも確証はない。ボッカチオの『デカメロン』にならい,一堂に会した貴族が交代で多少卑猥な滑稽物語を話すという形式をもち,正確な観察,描写と誇張が共存していることが特徴の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

新百物語の関連キーワード怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)サン・ヌーベル・ヌーベル結婚十五の楽しみ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android