コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新社会資本 しんしゃかいしほんnew social infla/structur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新社会資本
しんしゃかいしほん
new social infla/structur

従来の社会資本が道路,橋などの公共事業が中心だったのに対し,アメリカの「情報ハイウェー」構想などにならって将来の日本経済の基本構造を形成するマルチメディア情報網整備,コンピュータ技術開発などを柱とした社会資本をさす。 1993年政府が決めた新総合経済対策では,教育・研究,福祉,医療などが新社会資本の対象として1兆 1500億円規模の予算が盛込まれた。政府は「社会資本整備の新たな展開」と呼んでいるが,従来の公共事業のばらまき的支出に対する反省も込められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんしゃかいしほん【新社会資本】

高速通信網・福祉施設など、新しい時代に対応する社会資本のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

新社会資本の関連キーワード90年代通商産業政策ビジョン福祉施設

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android