新詩(読み)シンシ

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐し【新詩】

〘名〙
① 新しい。新作の詩。
※凌雲集(814)賀賜新集兼謝〈小野岑守〉「天門中使賜臨辱、秘府新詩許独披」 〔張華‐答何劭詩〕
② 新体詩。漢詩が衰微した明治中期以後の新体詩の別称。
※野の花(1901)〈田山花袋〉四「かの女のことを思って、新詩を三つ程作って、それを東京の文学のある雑誌に出して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新詩の関連情報