コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新鄭古墓 しんていこぼXin-zheng gu-mu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新鄭古墓
しんていこぼ
Xin-zheng gu-mu

中国河南省新鄭で 1923年に発見された春秋時代の墓。長方形で木槨のある墓から,井戸掘り工事の際,多数の青銅器が出土し,その後発掘を行い,編鐘,はく,鼎,鬲,げん,しゅ,き,罍,虎か,壺,盤,いのほか,武器類など数多くの青銅器が発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんていこぼ【新鄭古墓 Xīn zhèng gǔ mù】

中国,河南省新鄭県の県城内南東隅で,1923年に発見された春秋時代の墓。そこには長さ16m,幅7mほどの長方形の木槨が存在したと推定され,槨室の中央からは人骨が発見され,多数の青銅器が槨室の北側に置かれていた。ほかに陶器,玉器,貝貨,獣牙も出土した。青銅器の多くは,開封の博物館に収められた。銘のある青銅器は鑪のみで,〈王子嬰次之燎鑪〉とある。この王子嬰次に関して,郭沫若は鄭の一族の子儀嬰斉のこととし,墓も彼のものと推定しているが,王国維は楚の宰相となった子重嬰斉に比定している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

新鄭古墓の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実内閣総理大臣奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android