コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新鄭古墓(読み)しんていこぼ(英語表記)Xin-zheng gu-mu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新鄭古墓
しんていこぼ
Xin-zheng gu-mu

中国河南省新鄭で 1923年に発見された春秋時代の墓。長方形で木槨のある墓から,井戸掘り工事の際,多数の青銅器が出土し,その後発掘を行い,編鐘,はく,鼎,鬲,げん,しゅ,き,罍,虎か,壺,盤,いのほか,武器類など数多くの青銅器が発見された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんていこぼ【新鄭古墓 Xīn zhèng gǔ mù】

中国,河南省新鄭県の県城内南東隅で,1923年に発見された春秋時代の墓。そこには長さ16m,幅7mほどの長方形の木槨が存在したと推定され,槨室の中央からは人骨が発見され,多数の青銅器が槨室の北側に置かれていた。ほかに陶器,玉器,貝貨,獣牙も出土した。青銅器の多くは,開封の博物館に収められた。銘のある青銅器は鑪のみで,〈王子嬰次之燎鑪〉とある。この王子嬰次に関して,郭沫若は鄭の一族の子儀嬰斉のこととし,墓も彼のものと推定しているが,王国維は楚の宰相となった子重嬰斉に比定している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android